愛飲者からの手紙

全国からいただいた喜びの声

黒米母湯の悠悠が創業して30年以上が経ちました。今までたくさんの方にご愛飲いただき、喜びの声が数多く届いています。

  • いつもいつもお世話になり心から感謝しております。
    浜田さんの「黒米母湯」でどれだけ多くの方が救われているか、数知れません。
    貧血の方、元気のない方、つわりで何ものどを通らない方、風邪で熱が出て食欲のない方など。
    でも一番の驚きは分娩中の方への効果です。
    お産が長引いてもう体力限界という状態の産婦さんに温かくして差し上げると急にお産が進んだり、元気になってくださってまた頑張る気力を出してくださり無事元気な赤ちゃんが生まれてくださったりと本当に助けていただいています。有難うございます。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    あゆみ助産院 左古かず子

  • 黒米母湯とってもいいものに出会い、心と体の細胞がとても喜んでいるようで元気になります。私も大勢の妊婦さんやお母さん達に“支えられ、育てられ”今日に至っています。質を充実させるには、やはり真価が問われ、心から本物を求めたいですね。
    仕事でつかれている時、黒米母湯を頂きながら幸せを感じています。本当にいい物を提供して頂きまして、心からありがとうございます。

    浜元助産院 浜元勝枝

  • 前略
    先日はありがとうございました。
    お陰さまで、子供も元気になり保育園へ行けるようになりました。
    黒米母湯のお陰と感謝いたしております。
    6日間病院で気管支肺炎のため、入院しており毎日、点滴をして、母乳しか口に入らず退院してからも、あれこれとするのですが、食欲がなくお味噌汁を少し、お粥を二口といった具合で、鉄分不足、貧血といわれて大変心配しておりました。濱田さんから赤ちゃんにもいいので、お茶代わりに飲んでみたらと言っていただき、早速その夜スプーンで一口二口とやってみると、初めての味だ思うのですが気に入ったらしく、欲しがるのでコップに入れてやると、自分で持ってゴクゴクと三分の二を飲みました。
    次の朝、残りの三分の一を飲ませ、その日は10日ぶりに保育園に行かせました。
    保育園できれいな便が出たらしく昼食はお粥を全部、みそ汁、おかずを少しと、10日ぶりに食欲が出て食べれたようで本当に驚きました。
    子供は正直で、よく知っております味も、香ばしくなんとも言えない素朴な味でとろみ加減もお茶と変わらず、哺乳瓶でも飲めそうで、子供にもちょうど良く、これからしばらく続けようと思います。
    私も母湯を眺めながら、この中にたくさんの栄養と、そして濱田さんの長年の苦労と愛情がいっぱい入っているんだなー。ありがたいなーと思いながら頂きました。 子供の病気のときに安心していただける商品を見つけたのでとても嬉しいです。
    ありがとうございました。

    (京都府:K.Mさん)

  • 私は、生まれた時からおばちゃんには感謝しています。

    粉ミルクで湿疹の出た私に豆乳をすすめてもらったのがきっかけでおばちゃんからは数知れないアドバイスをいただきました。「体は食べ物でつくる」ということを私の家族はおばちゃんから学びました。
    今年の一月、初めての出産で元気な赤ちゃんを産めたのも思えばおばちゃんの言葉があったからです。
    本当にいろいろなたくさんの食べ物があふれているこの時代に、体にいい物を食べるということはすごく自制心のいることですが「体は食べ物でつくるのだ」という言葉を常に思い出しています。だから、妊娠中も黒米母湯や有機野菜等をもりもり食べていました。新しい命をもった体をしっかりつくることがまず私にできる愛の形だと信じて。

    そのかいあってか、晟はしっかりした体つきで元気に動き回ってます。
    まだ5ヶ月ですが、ハイハイはもちろん、つかまり立ちに挑戦する日々です。
    来年からは離乳食を開始する予定ですが、またお世話になりますね!
    親子二代どうぞこれからも末永くお付き合いくださいませ。
    それではまた京都でお会いできる日を夢見て。

    (東京都:S.Kさん)

  • 五年ほど前から喘息を患い、二年前の二月と四月に大きい発作をおこして二回入院しました。
    それ以後は、小康状態を保っていたのですが、去年の暮れより新年にかけて夜中、目を覚ますと息が苦しく、目覚める度恐怖でした。
    もう今年中には駄目か・・と内心思っていた矢先、濱田さんより「黒米母湯」を勧めていただきました。

    濱田さんの開発された「黒米母湯」、早速持ってきてもらったのですが、なんとなくしんどい・体に少しでも役に立つのか・・
    位に思っていたところ濱田さんより、「毎日1袋は、お茶代わりに飲まれるといいですよ」とのアドバイスを受け、それではしばらく毎日続けてみよう、と意を決して飲み始めた途端、2日目の夜中、目を覚ますと「あれ、あれ、どうしたことか?!」と思う位楽で、1日1日目に見えるように楽になるではありませんか!
    他に何か、特別にしたとか、食事を変えたとかいうこともなく、こんなに急に楽になったのは「黒米母湯」以外には考えられないのです。
    今後も、食事に気をつけながら「黒米母湯」を続けていきたいと思っています。

    (京都府:T.Hさん)

  • 産後入院中黒米母湯を1日1パック飲んで夜中の授乳時の空腹をいやしていました。
    そのお陰か、おっぱいもよく出るようになり子宮の戻りも順調です。
    貧血も治り、感謝しています。
    産後体調を整えるためにもこれからも続けていきたいです。

    その2週間後・・・
    最近は玄米食がさらに美味しく感じ、体が要求しているように感じます。
    これも妊娠・出産を経て体が変化して赤ちゃんに合わせているからかと思います。
    黒米母湯は夜中の授乳時にお腹がすくので飲んでいます。
    半年後の離乳食開始の時にも使ってみようと思っています。
    高価な物なので毎回最後まで大切に飲み干しています。
    命のもとをいただいている毎日に感謝、感謝です!

    (熊本県:C.Mさん)

  • 「病院に何かご要望は?」
    そう聞かれて、「楽に死ねるようにしてやって下さい」と答えて84歳の母を入院させました。
    実際母はもうそこまで深刻な状況でした。
    多臓器不全に肺の働きも悪く酸素吸入をしてもらいながら紙のように白い顔で力なく横たわっていました。
    私と兄は毎日、顔を拭いたり食事をさせるために病院を訪れました。
    ふと思いついて、見舞いの品として濱田さんの「黒米母湯」を持って行きました。
    そして、朝夕の空腹時に1パックずつ計1日に2パックを飲ませてみました。
    すると、母の体に力がついてきたのか、回復がめざましくなってきました。
    まだ、酸素吸入の管はつけたままでしたがある時行くと、起き上がって座っていたり、次に行くと自分で食事をすることが出来る様になっていたり・・・。
    ある時など、「呆けない為に、毛糸と編み棒、日記にペン」というリクエストまで飛び出し、日々の体の状態を記録しだしたり、同室の人にアクリルタワシを編んでプレゼントしたりと、これが本当に30日前に死にかけていた母とは思えないくらいになりました。
    でもまだ、血中の酸素の量は少なく肺が十分でなく、「一生酸素ボンベは手放せませんよ」とお医者さんに言われていました。
    それでも、とにかく黒米母湯をせっせと飲ませているうちに、なんと肺の機能がよみがえり、自力呼吸が出来るようになったのです。
    そして、40日目に退院できました!
    あれから1年余り、母は今も「黒米母湯」で元気をつなぎ続け、日々、孫の為においしい食事を作り続けています。

    感謝

    (滋賀県:A.Oさん)

  • 去年の夏のこと、大阪の友人Y.Mさんからこの黒米母湯を頂戴しました。
    いろいろな品を健康に良いと勧めてくださる方が多いのですが、なかなか口にする気持ちにはなりませんでした。
    送っていただいた黒米母湯は丁度暑い中で食欲のない毎日が続いている中、一口含んだときから、心から「これはいいな」と思ったのが始まりで、一年以上飲み続けています。
    私はニックネームで「クロ」と呼んでいます。
    原則として毎朝一袋愛用させて頂いています。こんなに長く「クロ」と仲良くなって、うっかり注文が遅れた時などとても寂しい思いをする昨今です。
    濱田さん、これからも「クロ」のように喉をこえたとき、これはすばらしいと心に響くような品を開発して下さい。
    どうか、世のために貢献なさらんことを切に希望します。
    私も毎日「クロ」とともに生きて行きたいと考えています。どうもありがとうございました。
    ご健闘をお祈りします。

    (和歌山県:K.Hさん)

  • 私が黒米母湯を初めて口にしたのは、3人目をあゆみ助産院で出産しすぐに飲ませて頂き次の日体の軽さを実感した時でした。
    それから子供が風邪などで、何も口に出来ず水さえ吐いてしまう時など黒米母湯を飲ませると吐くこともなく次の日には学校に行ってしまうくらい回復するのです。
    この秋、主人の母が突然``膵臓ガン`` 余命2カ月と診断され入院してしまい、遠く離れて暮らしている私たちは、少しでも長く元気に過ごしてもらおうと、黒米母湯を持って行き「体力がつくから飲んで・・・」と言って家に帰りました。
    その頃もうすでに食事を取ると吐いてしまい体力が落ちはじめていたのです。
    でもその夜義父から``おいしい。``と言って吐かずに飲んでくれたので、もっと欲しいと言われ翌日送って頂きました。
    ``病院の重湯は吐いてしまうのに不思議だ``と言ってお見舞に行くと喜んで言ってくれた母でしたが、4箱目を開けたところで天に召されてしまいました。
    でも最後にやせて衰弱している母ではなくふっくらと元気な時の母の姿で見送れたことが私達家族にとっての救いでした。
    義母も喜んでくれていると思います。

    (京都府:C.Sさん)

  • 初めて口にしたときあまりのおいしさに大変おどろきました。
    3才になる息子も「おもゆ、おいしーい」とゴクゴク飲んでいます。
    遺伝子が記憶するとは本当だなと実感しています。
    家事や授乳の合間のホットしたひと時に愛飲させて頂いております。
    どうもありがとうございます。

    (沖縄県:Y.Oさん)

  • 一口飲むと、じわっと体にしみこむ感じがします。私は妊娠9ヶ月なので、
    赤ちゃんにもいっているんだろうなぁと思いながら・・・。
    元気になる気がします。
    夫はスポーツの後に、特に気に入って飲んでいます。
    これからも続けて飲みたいと思います。

    (沖縄県:K.Mさん)

  • 他にもさまざまな形で喜びの声をいただいております。

    声


“黒米母湯”インデックス集

  • 黒米母湯の品質のこだわり
  • 黒米母湯の必須微量元素?
  • 黒米母湯をオススメする理由
  • こんな方にオススメ
  • 妊婦さんがぶつかる壁って?
  • 黒米母湯の“Q&A”
  • 開発当時の秘話

悠悠について

代替療法普及センター
自然食品・健康食品の店
黒米母湯の悠悠

〒612-8106
京都府京都市伏見区豊後橋町59-3
フリーダイヤル:0120-448-965
TEL:075-622-6180
FAX:075-622-6181

<営業時間>
9:30〜19:00

<定休日>
日曜
その他:GW期間・盆・年末年始